世界遺産と環境

世界遺産になるようなところもゴミで環境汚染されている現状は酷い

   12月 03

地球温暖化等の環境破壊

世界中での消費されるエネルギー量の急激な増加は、看過できない大気汚染や恐ろしい酸性雨など、色々な昨今の環境問題を生みました。一番重大なのが温室効果ガスによる地球温暖化の問題です。
我が国は面積が広くないので埋立処分場自体を増やすことが現実的にはできないので、世界の国々の中でも焼却して処分するゴミがずばぬけて高いレベルになってしまっています。
一般にゴミ発電とは、本来不要な廃棄物のエネルギーを利用する方法の代表例です。多量のゴミを焼却する際に発生する排気熱を再利用して電気を生み出すことで、注目のリサイクル資源として使う方法のことと言えます。
一般的な生ごみ発電はこのところバイオマス発電という技術として鳴り物入りで開始された。生ごみまたの名を有機性廃棄物を燃やさないで電気を生成するというポイントでこれまでの廃棄物発電とは全然別物といえる。
環境ホルモンに分類されるいろいろな化学物質は定説では約70種類あるとのこと。このような環境ホルモンは人間の体内ホルモンのはたらきを混乱させ、いろいろな異状をもたらす原因になります。


   7月 18

不用品回収とハウスクリーニングとゴミ社会

押入れで、場所を取るだけの整理棚のようなカラーボックスがあってとても気になっていて、それ以外にも気になっているものがあるので、無料見積もりの地域に根差した不用品回収業者に依頼します。
いくら不用品とはいっても多様な再利用できる道があるに違いないと思うのです。すぐにものを処分してしまう場合が結構多いのですが、ほんのわずかでもリサイクルできるかどうかを考えることが大切な地球を守ることにつながるのです
冬になったらクローゼット全体を掃除好きな母がきれいにしたいんだって言って徹底的にハウスクリーニングをやる気になっちゃっておススメの業者に見積もり(無料)を頼むと言っていました。
エコロジーの精神で地球環境保護を全力で協力する業界です!正しく粗大ごみを分別をし、ダイオキシンなど有害物質の理解をし、まだ利用できるものはリサイクル工程へ回し、それ以外なら廃棄処分するのです。
不用品の回収、廃品の回収、粗大ごみの回収業者さんをばっちり探せるメガ級の検索・予約サイトです!これまでの引越サイトや、ブログ、口コミサイトをチェックしてみて、最初はお見積り(もちろん無料)からスタートです。

地球が持っている大切な資源を利用することにより我々は贅沢に暮らす事で、環境破壊にもなりますし、この資源を次々に減らしてしまっているのが現状です。
有害廃棄物の越境移動とは何かと言えば、廃棄物が国境を越え発生国以外の国に運搬されると言うことで、先進国から開発途上国に有害廃棄物を輸出するという例が増加してきたということで、国際間の問題となりました。
有害な廃棄物質の越境移動がなされる理由として、廃棄物の発生国においての処理コストが上がったことや処分できる容量の不足等々が言われ、真剣な環境汚染にもつながると叫ばれています。
CO2を削減するためにも元線からオフにする事を心がけると割りと違います。使用時だけ入れると電気代や二酸化炭素の削減にたいへん貢献します。
今まで、経済は広がる方向に向いてきました。多くの資源とエネルギーを使い、多く消費し、多くのごみを出してきました。けれど、資源と言う物には限界があります。


   6月 19

環境汚染とゴミ

水が汚染される理由としては、いわゆる産廃を挙げることができます。産廃の内でも、有害な物質(ダイオキシンあるいはPCB、ヒ素や鉛など)が原因の水質の汚染は真剣な問題です。
温室効果ガス濃度が上がることで地表の平均気温を上昇させ、気温上昇により、海の水が膨張し、極地あるいは高山地にある氷が溶解してしまう事が原因で海での水位の上昇原因となる。
進行する熱帯林の破壊は大問題です。自然による淘汰に比べ1万倍もの速さで000倍の速さで”この30年以内に熱帯の鳥類や植物の4分の1もが絶滅をすると絶滅してしまうと
一般廃棄物の中には生ゴミや紙類、パック、プラスチック、アルミ缶など家庭からはゴミがでるものです。家具を始め粗大ゴミを除いて、燃えるゴミと燃えないごみに大きく分けて収集ののち、処理されます。
生活のレベルで地球の温暖化或いは、地球の環境ほかの地球問題を解決しようと考えるときに、ゴミ処理の問題を除外することができません。地球には大変豊かな自然がたくさん有ります。


   6月 08

地球環境問題の中のゴミ問題

地球環境問題には様々なものがありますが、典型的なものは、1. 地球の温暖化、2. オゾン層の破壊、3. 酸性雨、4. 森林(特に熱帯林)の減少、5.野生生物の種(生物多様性)の減少、6. 砂漠化、7. 海洋汚染、8. 有害廃棄物の越境移動、9. 開発途上国における環境問題等の9つが挙げられます。発生したゴミたちが、地球上で、次から次へと拡大。その悪さは、地球の大地、海、空、空気に打撃を与え、深刻な事態を招いているのです。このような自然破壊は、地球上のあらゆる食物連鎖に影響し、人類を破滅へと急がせます。


   5月 30

ゴミ問題と中国

一日、何万人の人が死んでいるのでしょうか!?人類皆兄弟なんて嘘ですよね。人間も動物も食物も死んでいっています。地球環境に未来はあるのでしょうか!?ゴミの問題も深刻化しています。こんな世の中で時代に逆行して焼却炉が増え続ける中国。周りのことには目も触れず、自国のことしか考えていません。しかも、昔は日本もそうだったように、我々も通る道だと平然と言ってのけています。どうにかしないといけません。救世主になるか日本、公害を減らす機械を開発して中国に売るそうです。そんなことでいいんですか、どうなることやら、ゴミを減らす、不用品回収が注目されます。


   5月 19

世界一のゴミ山 富士山を世界遺産に

富士山を世界遺産に、という声が以前からあがって20年も経ちます。何故!?世界一のゴミ山と言われる富士。もちろんゴミ問題も重要です。ユネスコの担当者が富士山を見て、そのゴミにひどさに驚いたという話があります。ただし、それさえ解決すれば世界遺産に登録されるというほど単純な話ではないようです。一般登山者の立場でできること、すなわち、ゴミを持ち帰るということの徹底が必要です。さらにいえば、自分の屎尿は持ち帰るのが良いのです。そんな富士山もこの度、世界文化遺産に決まるようですが、あの観光客が捨てたゴミと、一般の人たちが不法投棄したゴミは、あまりにもひどいです。まるで世界一のゴミ山を世界遺産に認定するかのような風景です。


   5月 18

現状の地球を再認識することが重要

地球環境を守るためには人類の環境に対する意識革命も重要ですし、現状の地球を再認識すことがなによりも大切で、3R・4Rの精神でエコロジー・エコノミーの考えを持つことが環境破壊を防ぐことになり、粗大ゴミを削減して循環社会を構築する手段になるのではないでしょうか!?